2017 / 07
≪ 2017 / 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピアノレッスンを久しぶりに見ます。
今日は

講師:ジャン・マルク・ルイサダ
曲:ショパン 幻想曲ヘ短調Op49

今日は場面場面の切り替え、場面のイメージについての指摘が多いでした。幻想曲はなかなか盛りだくさんの曲であり、聞いてるこちらも聞き終わると満足してしまうような曲なので弾くのはとても大変そうです。
一回目~二回目~3回目~最後は特に。
同じフレーズがあったり、場面転換が多くあると変化をつけるのが大変ですよね。

今日の生徒さんはとにかく技術が素晴らしいと思いました。一音一音もきれいで全くミスがなく、またルイサダの指摘に対してすばやく対応していました。
将来とても有望な感じがします。

もし自分がもっと上手くて、ルイサダのような素晴らしい講師に教えてもらえたらいいなぁとつくづく思います。

最近はモーツアルトが上手い具合に弾けなくて・・・・・正直凹み気味
です。

最後のショパンの弟子の弟子にドビュッシーがいたことには少し驚きました。ショパンの「やわらかくやわらかく」がドビュッシーの根底にもあるんだなぁと思うと、少し苦手意識を持っていたドビュッシーの好感度があがりました。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















ざき (旧:ここっと)

Author:ざき (旧:ここっと)
ピアノが好きな社会人一年目。。

☆一番好きな曲:ショパンバラード3番
ピアノを弾く人に100の質問
メモ

人気ブログランキングに登録してます。気が向いたらクリックしてください^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。